+SCOTT-Road ロードバイク

ふたつのAddict. Scott Addict&RC

暫くの間、メンテナンスのためお休みしていましたSCOTT Addict10 Diskが稼働再開です。
2020年、フルモデルチェンジしたAddict-RCと共に2種類の「Addict」をお試し頂けます。

エンデュランスを目的としたAddictは、アップダウンを繰り返し距離を稼ぎ、脚がジワジワと削られてゆく中でも適度なシナリと落ち着いたハンドリングで近著感を強いられることがなく思ったゴールへ快適にたどり着くことができます。とはいえ、ヘッドアングルやリアセンター(チェンステイ長)はAddict-RCと変わらず、機敏な加速と曲がって欲しい時はシッカリと曲がる運動性能を持ち、アップライトなポジションさえ気にならなければ十分にロードレースに使える性能を持っています。むしろカラダの柔軟性の乏しいライダーが無理なくドロップバーの下部を持って走れるBikeともいえるかもしれません。

Addictはオーバルチェンリングとして、数少ない「ちゃんとつかえる」Baroque Gearを装着していますので、こちらもお試し頂けます。
店主はオーバルチェンリングに対して懐疑的なスタンスを保っています。その中で唯一「これなら使っても良いな…あぁ以外と良いかも…!」というのがこのBaroque Gearです。「他のではダメなの?」と疑問な方はお店で店主に訊いて下さい。

一方、Addict-RCはUCIルールに基づきプロが実戦で使うスペックで完成車重量6.8kgを目指した「プロライダーが求める全ての性能を盛り込んだ」バイクです。またSCOTTのRoad Bikeラインナップの中で初めてディスクブレーキ専用に設計、開発されたモデルです。現在のトッププロレーサーが何を求めているのか、どういう性能を操っているのか、を正に体感できるのが魅力でしょう。

Addict-RC20は某専門誌の代表的な各メーカー2020年モデルを集めたインプレで乗り味はもちろん、完成車としてのパッケージ、整備性などあらゆる点から観た場合、総合2位となったグレードです。Addict-RC20完成車価格¥598000(+税)SRAM Foce eTAP AXS 搭載、実質プロスペックのトップグレードの完成車としてはバーゲンプライスと言えます。(ラインナップ上の最上級グレードはAddict-RC UltimateのHMX-SL)

因みに総合1位はSPE社 S-WORKSヴェンジ の125万円也。

どちらのAddictもタイヤの銘柄、太さやWheelのアップグレードによってフィーリングが様々に変化しますので、ご購入をお考えの方はサイクリングの目的や達成したいこと、などお聞かせ頂ければ最適なアセンブルをご提案いたします。

ご購入をご検討されている方はLa.sistaまでゼヒ一度、ご相談ください。
※バイクはメンテナンスなどで稼働をお休みしている場合もありますので試乗をご希望の方は前もってお電話にてご希望をお申し出ください。


 京都府木津川市山城町上狛四丁町(しちょうまち)5-2
TEL:0774-86-6300
FAX:0774-86-6301
mail info@lasista-cycling.shop