新製品・入荷情報  +SCOTT-MTB マウンテンバイク

SCOTT 2019年展示会にて ~2019年注目モデルMTB その1~

先ずはMTBから。グラビティ系からエンデュランス系までオールジャンルで遊べるGeniusからご紹介。200mmトラベルのDH専用Bikeに比べて「登れる」ので汎用性の高く、一般ライダーでもサスペンションの性能をシッカリと使い切れるので「コントロールする愉しみ」を存分に味わう事ができるモデルです。

■Geniusはホントに賢い!
それぞれのカテゴリーに細分化され、進化する昨今のMTB。ホイールトラベル前後150mmのGeniusはエンデューロ&オールマウンテンバイクとして最もバランス良く愉しむ事ができる数少ないバイクです。所謂、チャンピオンシップを狙うDHレースでないゲレンデDHやダウンヒルメインのTrail Rideで150mmトラベルは、一般的なライダーが「バイクに乗せられる事なく、ライダーがバイクを操る事ができる」丁度良い塩梅。

2018年のGeniusシリーズは「Genius7●●Plus」という名称でしたが2019年は、29インチWheelを装着した「Genius900シリーズ」が登場し「Plus」の名称は姿を消しました。
Geniusの各フレーム&フォークは「27.5×2.6/2.8」と「29×2.4/2.6」の二つのWheel規格が使えます。要するに最初に700シリーズを買ってもWheelセットを追加すれば29インチの900シリーズになる、という事です。

特性の異なる二つのWheel Setを持つことができれば、天候や路面コンディション、またRideの目的に合わせて差今までにない幅広いセッティングを楽しむことが可能です。

■Genius900Tuned(29er)

メーカー希望小売価格 ¥939,000(+税)→ お問合せ下さい
グラビティ系でストロークの深いモデルのウィークポイントの一つとして「重量」がありますが、Genius900はHMFのメインにリアスイングアームまでカーボンで造られ、走破性と軽量化を実現しています。メインコンポはSRAM X01 Eagle12s、F/RサスペンションとドロッパーシートポストはFOXのカシマコートを施したモデルで摺動抵抗を極限まで低減し、初期の沈み込みの滑らかさは、微細な振動も取り除きます。
またBrakeシステムも「SRAM Guide SRC」を採用し、ブレーキレバーの初期位置だけでなく、パットコンタクトまでの遊び量も調整できます。
XC系の軽快なRideからゲレンデDHまで一台で完璧に愉しめるとすれば、この価格は決して高いモノではないのではないか?とすら思います。なぜならXCからDHまで愉しむとなると、2台のBikeが必要になりますから。

■Genius930(29er)

■Genius730(27.5+)

 

共に メーカー希望小売価格 ¥529,000(+税)→ お問合せ下さい
メインフレームにHMFカーボンを採用、スイングアームを6061アルミに置き換えたコストパフォーマンスの高いモデルです。930と730はホイールサイズの違いのみでコンポーネントなどは同じです。SRAM NX Eagle12sを採用。

■Genius750(27.5+)

メーカー希望小売価格 ¥369,000(+税)→ お問合せ下さい
メインフレームとリアスイングアームを6011アルミに置き換えコストダウン。SRAM NX Eagle12sとともにゲレンデDHから里山まで幅広く愉しみたい、というライダーにはお勧めのモデルです。

※Geniusシリーズのカタログデータをご希望の方は以下のお問合わせフォームよりお問合せください。
※ここにご紹介していない他のモデルもご用命ください。
※2019年早期予約は特別価格をご用意しております。(8/29まで)

※車体の価格と組立てについて
La.sista規定のチューンナップアセンブルで組立て、納車させて頂いたBikeは以下のサービス、保証が付帯します。
・定期点検 生涯無料
・各部微調整、簡易メンテナンス 生涯無料
・車体アクセサリ ご購入取付工賃 生涯無料
・各種メンテナンス工賃 20~50%割引
・当店主催イベント 参加無料
・Club La.sistaへのご招待
 詳しくは店頭にてお問合せ下さい


 京都府木津川市山城町上狛四丁町(しちょうまち)5-2
TEL:0774-86-6300
FAX:0774-86-6301
mail lasista@euro-works.net